AGA(男性型脱毛症)とは…

AGA治療薬のプロペシア

最近、テレビのCMや雑誌などでを耳にする機会が増えた「AGA」という言葉。では、「AGA」とはいったい何なのでしょうか。

「内容については知らなくても、なんとなく聞いたことがある」、という方は多いかもしれませんね。

または、自分なりの解釈をされている方もいるのではないでしょうか。

AGA(エージーエー)とは、「Androgenetic Alopecia」の略称で、「男性型脱毛症」。

つまりは髪が薄くなる状態のことを指し、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていく症状です。

しかし、全ての男性の薄毛・抜け毛の悩みが「AGA」に当てはまるわけではありません。

男性の中でも特に若い層に多く見られる脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。

その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっています。

男性型脱毛症には通販でも購入できるプロペシアが人気ですので、ぜひこちらの情報を参考にしてお試しください。

メニューをご紹介

まずは気になる項目をチェック

■薄毛治療薬とは

こちらのページでは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬についてご紹介しております。特にこれから治療をはじめようと思っている方に知っておいてもらいたい、治療薬の種類や効果、相場などの情報を細かく説明しているのでおすすめです。プロペシアについて…世界60カ国以上で承認されているAGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアは、米国メルク社が開発した世界で初めて医師が処方するAGA治療薬です。日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売されました。

■ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは 新薬の特許期間が満了後、厚生労働省の承認を得て製造・販売されるお薬で後発医薬品と呼ばれています。ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を含んでおり、同等の効き目があるとされています。また、成分が同じため副作用も似ているものが多いのです。

■フィンペシア

世界で初めて開発された「飲む育毛剤」プロペシアと同等の効果を持つジェネリック医薬品のフィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に有効な飲む育毛薬で、開発費が掛かっておらずプロペシアよりも安い価格で購入することができるため多くの人に愛用されている医薬品です。

■エフペシア

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアのジェネリック薬として人気のエフペシア。プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアと同じくインドのジプラ社という製薬会社から発売されている商品で、最近ではフィンペシアよりも人気のある医薬品です。

■ロゲイン

ロゲインは1980年から販売されており、世界売り上げNO.1のアメリカの製薬会社「ファイザー社」が開発しています。ロゲインの有効成分ミノキシジルは、日本皮膚科学会で、飲む育毛剤「プロペシア」と並んで最高ランクのAランクがつけられているので、その効果にも期待ができます。

■ツゲイン

ツゲインはファイザー社が開発するロゲインのジェネリック医薬品で、アメリカに本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売する外用育毛剤です。その成分や効果はロゲインと同等で、ミノキシジル含有濃度によって女性用、男性用のものに分けられて販売されています。

■口コミ

こちらのページでは、プロペシアやロゲインなどのジェネリック医薬品を実際に使用している人たちの口コミ情報を紹介しております。これから使用をお考えの方はもちろん、実際に現在使用している方も参考になる情報が満載なので、ぜひ参考にしてみてください。Q&A…こちらのページではAGA治療を中心にジェネリック医薬品を実際に使用している人たち、また使用してみたいと考えている人たちからの質問に答えるQ&Aコーナーになっております。細かい質問までしっかり分かりやすく回答しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

このページの先頭へ