エフペシアについて

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアのジェネリック薬として人気のエフペシア。

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアと同じくインドのジプラ社という製薬会社から発売されている商品で、最近ではフィンペシアよりも人気のある医薬品です。

フィンペシアの錠剤のコーティング剤に使われているキリンイエローは、発がん物質であると言われるようになり、逆にエフペシアの方はキリンイエローを使用していないことがその要因として考えられます。

また、エフペシアの効果に関してですが、プロペシア、フィンペシアと同様に3ヶ月から6ヶ月使用すると違いを感じられるといい、1年間使い続けると髪が増えたと実感している人が多く、その数は2年目、3年目と期間が長くなるにつれて増加しています。ちなみに3年目で78%の人が改善を感じており、98%の人が現状維持できているという結果がでております。

その他、価格としても100錠で3500円から4000円程度で購入ができるので、一日換算すると高くても40円ほどということになります。

信頼できる中間業者を見つけて購入するようにしましょう。また、まとめ買いすることで安く購入することができるので、そちらもおすすめです。

今までプロペシアを服用していた人も安さに惹かれて移行する人も多くいます。

AGA治療薬は、長期間利用してこそ効果を発揮するので、価格も重要になってきますよね。

しかし、それを狙った悪質な業者も存在しているので、あまりにも安すぎるものや、信頼のないショップでの購入は控えるようにしましょう。

エフペシアの副作用について

皮脂を増やし血管を詰まらせる食べ物は×

AGAのジェネリック医薬品はいくつも発売されていますが、その中でもエフペシアは特に人気の商品です。

その理由としては、副作用に対しての対応など、色々な面での商品開発が見られます。

エフペシアの副作用は、やはり男性ホルモンを5aリダクターゼが分解し、抜け毛の原因のジヒドロテストテロン(DHT)の成長を抑えるというところに関係しています。

どうしても男性ホルモンに働きかけるので、性欲不振、射精障害、性液量減少など性的機能に影響が出る可能性があります。また血圧が上昇しやすい、肝臓の数値があがるなどの報告もされています。

しかし、どれも可能性があるということであり、絶対に起こるというわけではありません。

万が一、副作用が現れたとしても、薬の服用を止めれば元に戻るレベルのものです。

そして、副作用の内容はきついですが、実際に副作用が出る人は2~3%と低い数値がで、用法・用量など正しく使えば決して悪い薬ではありませんので、お薬と上手く付き合っていきましょう。

このページの先頭へ