フィンペシアについて

フィンペシアは、AGA治療薬として世界で初めて開発された「飲む育毛剤」プロペシアと同成分・同効果を持つジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品であるため開発費が掛かっておらずプロペシアよりも安い価格で販売されているのが特徴です。

フィンペシア、プロペシアはともにAGA(男性型脱毛症)に有効な成分「フィナステリド」を含んでおり、そのフィナステリドは「男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)」において、最も効果が高い(A評価)治療法の1つとして認められています。

現在、日本国内ではプロペシアしか手に入れることができませんが、プロペシアは1錠250円と高価なため、ジェネリック医薬品であるフィンペシアを個人輸入代行業者を利用して入手する人が増えています。

それだけ、お得で効果も望める医薬品なのです。

フィンペシアの効果・効能

先発的医薬品のプロペシアと同様にフィンペシアは、服用してから早くて3ヶ月で効果が出るといい、半年ほど経つと抜け毛が無くなった事を実感できます。

利用者からは、1年間服用することによって髪の毛が増えたという声も非常に多く、使い続ける期間が長ければ長いほど、改善効果が高いというデータも出ています。

発毛効果とまではいかずとも、抜け毛を防いで現状を維持したいという方にもフィンペシアは効果的な医薬品です。

フィンペシアの服用・副作用

高い効果に期待できる「飲む育毛剤」として注目されているフィンペシアの推奨用量は、フィナステリド1ミリグラムが含まれた、1錠です。

一般的に薬局などで販売されているお薬の中には、食後に毎回服用するタイプのものも少なくないので、フィンペシアと混同しないよう注意しましょう。

フィンペシアは育毛剤で有名なプロペシアのジェネリック医薬品なので、成分はプロペシアと同じフィナステリドが配合されています。つまり、副作用もほぼ一緒という事になります。

具体的に言いますと、男性ホルモンを抑制することによる男性機能の低下が起きる可能性があり、ED・勃起不全などの症状から、精子自体に悪影響を及ぼすことがあります。

それ以外にもフィンペシアにのみ存在する副作用も存在します。

どんな薬にも言えることですが、副作用の可能性は低くくてもゼロということはありえません。

髪が増加しても、それ以外の機能が低下してしまっては意味がないので、用法・容量を守り、服用前にはしっかりと知識を身に着けておきましょう。

このページの先頭へ