ロゲインについて

世界売り上げNO.1のアメリカの製薬会社「ファイザー社」から開発している育毛剤「ロゲイン」は1980年から販売されており、日本でも有名な発毛剤「リアップ」よりも売上実績が上だと言われています。

AGAの治療薬であるミノキシジルが5%配合されているのが特徴で、男性用の育毛ロゲインだけではなく女性用の育毛ロゲインも販売されています。

ミノキシジルによる高い発毛効果

ロゲインに含まれている成分のミノキシジルは日本皮膚科学会で、飲む育毛剤「プロペシア」と並んで最高ランクのAランクがつけられています。

もともとは低血圧症の治療薬として使われていましたが、副作用に発毛効果があることがわかりAGAの治療薬としてあらたに開発されたのです。

ミノキシジルは血管を拡張させる効果があるため、頭皮の毛細血管を拡張させることによって酸素や栄養をたくさん運べるようにしてくれます。

この効果によって髪の毛の生成や成長に必要となる新鮮な酸素や十分な栄養素が頭皮にしっかりと行きわたるようになるのです。

そのため細く弱い髪の毛ではなく、太く強い髪の毛を生成出来るようになり、髪の毛が成長の途中で抜けてしまうことを防げるようなります。

また育毛剤ロゲインには抜け毛の原因となってしまう男性ホルモンのDHTや5aリダクターゼを制御する働きがある為抜け毛を減らす効果も望めます。

抜け毛を予防したうえで血管を拡張させるため健康で抜けにくい髪の毛が生えてくるという仕組みを作り出しているのです。

ロゲインとプロペシア

ロゲインを使用して、AGA(男性型脱毛症)治療を行うのは、もちろん効果を得ることはできるので良いことですが、ロゲインと一緒にAGA治療薬である内服薬のプロペシアを併用することでより効果を期待することができるようになります。

ロゲインは直接頭皮に塗布するもので、プロペシアは薄毛治療の内服薬なので、体内と体外から薄毛の原因を取り除き育毛や発毛を促進させることができるようになります。

この2つのお薬は、相性抜群で効果倍増が望めるのです。

また定期的に頭皮のマッサージを行ってあげると、更に頭皮の血行を促進させることができるのでおすすめです。

このページの先頭へ