ツゲインとは…

ツゲインはファイザー社が開発するロゲインのジェネリック医薬品で、アメリカに本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売する外用育毛剤です。

その成分や効果はロゲインと同等で、ミノキシジル含有濃度によって女性用(2%)、男性用(5%と10%)のものに分けられて販売されています。

ジェネリック医薬品ということもあり、ツゲインは比較的安価に入手することができるのも人気の理由です。

また、育毛剤としては低刺激と感じる使用者も多いことから、育毛ケアの入門として検討してみるのも良いかもしれません。

ツゲインの効果・効能

ミノキシジルの効果によって毛母細胞が活性化し、脱毛を抑制し育毛を促進します。

AGAの改善に効果を発揮するのはもちろんですが、ミノキシジル含有の育毛剤の中では特に「頭頂部への育毛効果と抜け毛の軽減」を体感された方が多いそうです。

効果が現れるまでには個人差はありますが2~4ヶ月と言われており、継続的に使用することが治療する為の一番の近道とされています。

また、5%と10%のものでアルコール濃度に違いがあり、ツゲイン5%では一般的なアルコールによる刺激を感じやすく、10%ではまったくと言っていいほどアルコールによる冷却感を感じることが少ないとされています。

ジェネリック医薬品というだけあって、効果はミノキシジル含有の他の育毛剤とのそれほど違いはありません。

ジェネリック医薬品である以上仕方がないとの見方も出来ますが、個人の相性によっては安心して使用できる育毛剤にもなりますので、細かな効果や使用感の違いを確かめてみるという意味では一度手に取って使用してみるのも良いかもしれません。

ツゲインの副作用

副作用に関しては、ミノキシジルの副作用と似ており、「めまい」、「不整脈・動悸」、「血圧の低下」、「手足のむくみ」などによるものが少なからず報告されています。

他のミノキシジル含有育毛剤と同様に注意が必要です。

他の育毛剤と比べるとツゲインは、匂いやベタつきが少ないという声が多く聞かれており、気軽に利用される方も増えてきています。

副作用について事前に理解を深めておくことで育毛ケアは快適なものになります。

このページの先頭へ